せっかくの楽しかった時間を自分用に記録してます♪きまぐれですけど更新してます。


by ringoron
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:フィレンツェ&パリの旅( 26 )

エールフランスの機内食ってまじでおいしいですね。
d0062274_143568.jpg日本ーパリ間もおいしいですけど、パリーフィレンツェ間のサンドイッチは最高でした!サラミのようなハムもおいしいし、オニオンとナスのパテのようなものが乗ったカナッぺちっくなものとか、旅行中に食べたどのサンドイッチよりもおいしかったかも・・。(巨大なチョコブラウニーはのぞく。)

ということで。

生後初めて(汗)パリに初上陸しました!
なんとか、30を迎える前にパリに行っておかないと、いい大人の女になれなさそうな気がして・・・。(!?)
でも、物価も高そうだし、スノッブそうな国だし、たぶん私みたいなB級好きとは愛称よくなさそうな気もしていましたけど。

とりあえず、今回は私のパリ初上陸のために、おまけでパリをつけた・・みたいな感じです。
というか、私達、本当は、モンサンミッシェルを目指していたんですよーー。

フィレンツェからの国際便は空港のはじっこーの方につきえっちらおっちら・・・
さらに、市内行きのバスをみつけられなくて、空港の中を迷子・・(ワンフロアー間違ってただけだったんだけど)
モンパルナス行きのバスにのったら大渋滞!!私、久しぶりの乗り物酔い・・・。
モンパルナスでタクシーをつかまえたら、全く英語通じず。
というか、相手が話しているのがフランス語にも聞こえない、異国の方が運転するタクシー。
ヘロヘロになりながら、ホテルのブザーを鳴らしました・・・。ドアがあくと・・。

『 かぁわぁいい~~~~~~~~~~~~~!!』

そうです。私はこのパリのプチホテルをとるのに、全身全霊をかけてもらったのです。旅行代理店に・・。
ネットではそんな先の予約は扱っていないようだったので旅行代理店に頼みました。
でも5ヶ月前に予約したのに、すでに、3泊のうち1泊とれないっていうんですよ!
人気なのも原因ですが、パリコレとかぶったらしいです。
運よく、すごく熱心な元パリ在住だった方が担当になってもらったので、その人が裏技を使い、2ヵ月後に、本来はその旅行会社と提携していないパリの旅行会社を通して部屋をとることができたのです。

さすが人気のプチホテル。センスがあります。
もう、今回はこのホテルに宿泊できるというだけでパリ満足度80%達成。

ロビーをご覧あそばせ。
d0062274_1494786.jpg

見えにくいけど、テーブルの上にエッフェル塔がのってます。
d0062274_14127100.jpg

なんかおいしそうな色合い~♪
d0062274_14134357.jpg

かわいいシャンデリア。こんなのが似合うおうちに住んでみたいな~。
d0062274_141136.jpg

セクシーな女性が入り口でお迎えしてくれます。こういう整えつつ、ちょい崩すセンス大好き!
d0062274_14231480.jpg

 
非常に気にいったホテルなので、もうちょっと、お見せしますわ!ということでつづく・・。
[PR]
by ringoron | 2005-10-18 12:10 | フィレンツェ&パリの旅
今回宿泊したホテルです。
飛行機代はマイレージだったので、ホテルは妥協せず希望のところをとりました。
やはり、街に近い!が一番でしょう!
ドゥオモのすぐそばで、最高に便利でした!朝食のコーヒーがまずいのがなんですが・・。
d0062274_1581523.jpg

ツインルームはなかなか、かわいくて、2つのスーツケースもちゃんと広げられました。
d0062274_15105538.jpg

あきらめていたのに、なんと広いバスタブが!1日中歩き続けるハードスケジュールをこなせたのは、まさにこのバスタブのおかげです!あきらめていたから温泉の素を持ってこなかったのが悔やまれました・・。
d0062274_15113945.jpg

屋上からはいい景色がみれるみたいだけど、部屋の窓をあければ一応、ドゥオモのはじっこが、みれました・・。
d0062274_15134550.jpg


フィレンツェ最古のカーサ・トッレ(中世の戦乱期に有力者たちが一族郎党や同盟者などと
立て籠もった防御の拠点として使われた塔とかなんとか・・・)を利用したホテル。
4つ星ですけど・・・いわく付きです・・・。
エンゲルちゃんにも言わなかったんだけど、実は、元女性刑務所だったとこ!?
おばけとかでるかな~?って覚悟してましたけど、快適に過ごせましたよ!
私達が宿泊してるときに、ホテルの人が広島市長が泊まりにきてるとか言ってたし・・。一応いいホテルなんですよ。
エンゲルちゃん、内緒にしててごめんね!これが私の愛情です。

ここは1泊¥30,000ぐらい。
もうちょっと余裕があったり、ハネムーンなら、HOTEL SAVOY をおススメいたします。
[PR]
by ringoron | 2005-10-16 15:34 | フィレンツェ&パリの旅
こちらは、お買い物大好きっ子ちゃんへのページとさせていただきます。
d0062274_122703.jpg


日ごろブランド品などと無縁の私も、友人エンゲルちゃんがブランド品(というか、本当にいいもの)大好きなため、OUTLETツアーなんぞ、参加してまいりました。

PRADA → THE MALL( GUCCI ) → D&G の順です。

D&Gはオプションで、ツアー代金は€96。
他社価格よりかなり格安(半額近く)なのは、フィレンツェの旅行代理店に申し込んだからです。
ツアー代金も、結構な金額だから・・やっぱいいものあったら買いたいな~と思いました。

結果でいいますと。

一番お得なのは PRADA ですね。ここで買わなかったら、あとで買えないですよー。
価格としても一番安いし、割引率も60%OFFぐらいのものが多くていい感じです。
でも、自分好みなのは、やっぱり出会えなかったので、母、旦那ママ、妹・・・という感じで、親族土産には最適です。例のナイロンバッグ系なら€150~ぐらいからあります。
特に22cm、22.5cmぐらいの足をお持ちの方には最高です。€50でかわいい~PRADAの靴がバシバシあります!エンゲルちゃんはアンヨがちっちゃいので、バシバシかってました。

GUCCIはあるにはあるけど、多くの女性が買ってもいいかなーと思えるバッグは4種類ぐらい。
その他は、やはり癖があったり、ロゴがでかかったり、スリにあいそうだったりするバッグが多いかも。でも安いです。2万前後からあります。とりあえず、その値段なら、ドンキホーテでもないだろう・・って感じです。(笑)
自分用にお財布を買いました。€130ぐらい。デザインはよいんですけど、機能的には満足してないので、惚れ込むお財布がでてくるまでならいっかなーって感じです。
(その後、BOTTEGA VENETAで一目惚れなお財布を発見!でも€450なので、あきらめました・・。エンゲルちゃんは€980のお財布に一目惚れ!買ってました・・。私にはそんな度胸はありません・・。)
(でも、財布って、機能的にも価格も日本製が一番よくないですか?デザインもいいのあるし。)


D&Gは、普段も購入している方にとっては大特価なんでしょうけど、庶民の私にはOUTLET価格でも、目玉がとびだす価格でした。

エンゲルちゃんは THE MALLでバレンチノのスーツ、60万ぐらいのが10万で買えたって喜んでました。そういうハイクラスなお洋服をお求めの方には、最高だと思います。

いつかどなたかが行くフィレンツェ旅行にのお役にたてればいいんですけど♪
とりあえず、街から30分とか車にのりますので、ツアーかレンタカーが一番便利だと思います。
田舎ではあんまりタクシーありませんから、最寄り駅からタクシー移動っていうのは、かなりチャレンジャーな気がします。
[PR]
by ringoron | 2005-10-16 12:24 | フィレンツェ&パリの旅
フィレンツェ5日目。
最後の朝はドゥオモのクーポラに登って、映画 『 冷静と情熱の間 』ごっこをすることに。
(ちょっと古い??)

ドゥオモの外側は有名ですけど、意外に内側って知らなくないですか?記念に・・。

ドゥオモの入り口から奥を見ると。意外にシンプル。            d0062274_10583641.jpg
←鑑賞スペース通路。

ドゥオモの奥から入り口見ると。
d0062274_10585962.jpg

この↑丸いステンドグラス下の手すり(鑑賞スペース?)までのぼるとこんな感じまで大きく見えます。
d0062274_11127.jpg


シンプルだなんて失礼しました。クーポラ天井
d0062274_11225144.jpg

この真ん中の穴のところが、クーポラの頂上になるわけで、ここまで昇るわけです。

朝9時過ぎ着。日中のあの長い行列もなし。すぐに入場。階段を昇りまーす。
d0062274_118170.jpg

細いわー。暗いわー。すごい急勾配!全部で414段(?)しかも途中、降りてくる人ともすれ違います。
(『冷静と情熱』でも竹内豊がグルグル昇っていました。ってことは、カメラ、ライトの機材がこの道を運ばれたってこと!?スタッフはなんて大変だったのでしょう・・。元同業系として、苦労がしのばれます・・・。)
途中でばててる西洋人の方も。引き返していく人も・・。フィレンツェ最後の日にハードスポーツをするとは・・。
私とエンゲルちゃんの膝もカクカクとわらいだしてしまったころ・・・着きました!!!
時間的には集中して昇る運命なので、15分ぐらいです。
d0062274_11211011.jpg

d0062274_11212327.jpg

d0062274_11214292.jpg

赤れんがの街。ミケランジェロ広場とはまた一味違いますのー。
誰か~!!苦労して昇ったから、ヘリで空撮してー!!
ほ~んと、そんな気分になります。

そして、私達は膝をカクカクさせながら、パリへと向かいました♪
[PR]
by ringoron | 2005-10-14 08:00 | フィレンツェ&パリの旅
さてさて、そろそろ、今回のメインディナーのレストラン『OMERO』を報告するときがやってきました。
d0062274_145811100.jpg


私の前回のフィレンツェ旅行は、全くおいしいものを食べられなかった(夜の外国はこわいとお惣菜を買ってきて部屋で食べる友人との旅行になった!ありえない!!時間を返せ!!)ため、今回はおいしいものに対するあつーい気持ちがありました。

友人エンゲルちゃんは、3年前ぐらいにフィレンツェに来たときに、お友達に連れていってもらったTボーンステーキが忘れられないと3年間言い続けていたので、もちろん今回はそのお店に連れていってもらうことにしました。

それがOMEROです!CREAのフィレンツェ特集号をお持ちのみなさーん。お食事特集の1ページ目にでてくるお店ですよー!!
CREAを購入したときに、OMEROが1ページ目にでてきた時、「さすがエンゲルちゃん!」と思いました。

このお店だけは唯一予約していきました。でも当日の朝で予約できました。お店に着くと満席でしたので、おそらくラストの1席だったでしょう。
(エンゲルちゃんが日本から英語で予約のメールを何度もいれたのですが、1度も返信なしでした・・。)

さてさて、この日だけはちゃんとワンピースをきて、ヒールをはいて、いってみると・・・。
あれ?全然普段着でOKな感じ?みんな襟付きレベルでしたね。よく見ると、トラットリアと書いてありましたー!よかったぁ~。お財布の心配はいらない??

タクシーの運転手さんもお店の名前だけで連れていってくれたので、やはり有名なのでしょう。
ミケランジェロ広場よりも、もう少し上の方にあるレストランです。

入り口は小さな食品店みたいで、奥がレストランになっています。
d0062274_15204777.jpg

木の温もりあふれる、小さなレストランです。

ハーフボトルのワインをオーダーしたつもりが、ハウスワイン に聞こえたようで・・。
d0062274_14593276.jpg

ところが、このワイン、すっごーーいおいしい~!香りもすばらしいし、味も深みがあって(っていっても、私は飲みやすいワインをおいしいという庶民です・・)最高でした。なので、記念にパチリ!しかも、かなりリーズナブルでした。

すっかりカプレーゼにはまった私達はもちろん今日もカプレーゼ♪
d0062274_1504127.jpg

当然まいうー天国です。しっかりたいらげました。こんなにチーズを食べる日々って生まれて初めて・・・。

トスカーナ風スープ
d0062274_1594087.jpg

豆好きにはたまらないお豆のスープです。すっごーーいおいしい。おかわりしたかったな。

CREAに掲載されていたリコッタチーズ(?)とバジルのラビオリ。
d0062274_1512339.jpg

バターソースです。ソースはあっさりめですが、かなりパワーのあるラビオリです。
d0062274_1521038.jpg


さあ、そして来ました!メインのビステッカーー!!でかい~~~~~~~~~~~。
d0062274_1525534.jpg

こんなの2人で食べれるはずがないとはわかっていたけど・・・・。
付け合せのお野菜はフリットにしてもらいました。
d0062274_1541963.jpg

比較対象として、奥にあるのはエンゲルちゃんの手です!これで巨大さが伝わりましたか?

ビステッカって、サーロインとヒレを一緒に食べれるお肉なんですよね?
エンゲルちゃんが言うには、前回の時の方がお肉の熟成されていて(腐りだす直前なくらいだとか!?)熟成された味だけでものすごく旨みがあって、ソースも何もいらないぐらいだったとか。
たしかに、このお肉は新しい感じがしました。でもお肉はおいしから、「ステーキソースほしいな~♪」っという印象です。

もうお腹ははちきれんばかり!デザートも何も無理って感じでしたが、お店の方がとてもステキな笑みで私達にデザートを勧めるので、1つだけ頼みました。
d0062274_157231.jpg

ちゃんとそれを2つのお皿にシェアしてもってきてくれました。やさしい~。
すごく濃厚なビターチョコレートケーキ。お腹に余裕がある時だったら、ソースまでなめてしまいそうなおいしさでした。
一緒にエスプレッソをオーダーしたカップが、トップの写真です。

これでTOTAL €110!!有名店なのに、良心的なお値段ですよー!!
他にもおいしそうなものが、たくさんあったので、またいつか来れたらいいな~♪

OMEROのオリーブオイルはこれでした!誰かイタリアに行ったときにお土産に買ってきてほしいという下心をこめて・・・のせておきます♪
d0062274_15431720.jpg

[PR]
by ringoron | 2005-10-12 12:54 | フィレンツェ&パリの旅
ポンテベッキオ♪
d0062274_15111732.jpg

buongustaiaさんにCoco Lezzone(ココ・レッツォーネ)というレストランを教えてもらって、ワクワクでディナーに向かったのですが、日曜休みのはずなのに、お休みでした・・・。

で、その近くで興味ありだったLatini(ラティーニ)というお店にいってみたところ、開店40分前でこんな状況になっていました!
d0062274_14541951.jpg

d0062274_14545525.jpg

私達の旅は、ぶっ倒れそうなほど疲れた時が、夕食の時 だったため、すごーーい後ろ髪ひかれたけれど、この行列に並ぶ余力はありませんでした。

Coco LezzoneとLatiniに行けなかったということは、まさしく、「次回に行け!」という神からのお告げでしょう。旦那サマをひきずってフィレンツェに行ける日が来るかも!?(・・・。)しれません!

ということで、この日は友人エンゲルちゃんの上司が、年に3度フィレンツェに遊びにきて、あらゆるレストランに行きまくり、「いまや、ここしかいかなくなった」といわしめた『NELLA(ネッラ)』というトラットリアへ・・・。

う~~ん。私達、おなかすきすぎて、何を食べてもおいしかった!!
でも、今思えば、塩とオリーブオイルのみの味付けで、かなりシンプルすぎ。素材の味作戦かもしれないけど、パスタもローストビーフ(疲れすぎて意味不明なチョイス)も、いまいちなような・・。ベジタブルスープはおいしかった!でも、見た目がかなり悪かった。でも入ってる野菜は1人分ほうれん草1把はありました!!
(デジカメ電池切れで画像なしです・・。)

NELLAは開店と同時ぐらいで入ったときは、ガラガラでしたが、座って10分後には満席でした。だから人気はあるみたいです。
エンゲルちゃんの上司は普段おいしいもの食べ過ぎてるから、シンプルな味付けにはまっているのでしょう。。と勝手に結論ずけました。

いつか、Coco LezzoneとLatiniに行けるといいな~♪

~メモ~
◆Coco Lezzone(ココ・レッツォーネ)
  Via del Parioncino, 26 - Tel. 055-28.71.78

◆Latini(ラティーニ)
  Via Palchetti, 6 - Tel. 055-21.09.16
[PR]
by ringoron | 2005-10-07 15:15 | フィレンツェ&パリの旅
疲れると甘いものが食べたくなるのは、どこにいっても一緒です。
d0062274_1453072.jpg

こんなのでてくると元気になっちゃいます♪

チョコレートサンデーとフルーツポンチ。6€=¥830ぐらい?
物価的には日本よりちょっと高いかなー的印象。でもおいしいー!
d0062274_14521120.jpg
d0062274_14522473.jpg

d0062274_14515172.jpg

ショーケースの並べ方にやられちゃいます。
d0062274_14504687.jpg

d0062274_14511395.jpg

€が安くなってくれればいいのにー。
[PR]
by ringoron | 2005-10-06 12:51 | フィレンツェ&パリの旅
d0062274_14104484.jpg


フィレンツェは暮らすように旅ができるのが魅力です。
街自体が本当に情緒あふれて泣きそうでした!
あー!!できるものなら、日本で仕事をしている旦那サマにも見せてあげたい・・。(出発前日まで、私がどこに行くのか興味がなかったもよう・・。でも遊びに行く私を、わざわざ出張から戻ってちゃんと成田まで送ってくれました。アーリーガートー!)
観光に、買い物に、食事!そして私の友達エンゲルちゃんは帰国子女!
こんな心強いことはありません。

今日も本当~~によく歩きました。
日本にいる時はどこに行くにもタクシーを使うエンゲルちゃんが鬼のように歩いています・・。大丈夫??そんなに足筋あったの??
私はこのために購入したウォーキングシューズ(YONEXというマイナーながら超快適です。おすすめです!)エンゲルちゃんはあいかわらずたっかいヒールで街をかっぽしております。

そんな歩きつかれた私達の栄養補給の今宵のディナーはオステリア・ベッレ・ドンネ(Osteria Belle Donne)。CREAの切り抜きを持ち続け、今回の旅は≪力果てた場所の近くでよさげなレストランをあたっていこう≫という趣向です。CREAによると『地元っ子が愛するトスカーナ家庭料理の店』だとか。半分だけ信じておこっと。

かわいい感じのお店です。
d0062274_1442419.jpg

なんだかえらい混んでます。奇跡的に1席だけ空いてました!
ぶっ倒れる寸前だったので、助かりましたーー!!

○チキンとアボガドのサラダ
d0062274_14434075.jpg

すっごい量でしたが、ものすごい勢いで私達たいらげましたー。

○カプレーゼ
d0062274_14461050.jpg

まーじーでーーー殺人的なウマさです!チーズがおいしい!トマトがおいしい!日本のモッツアレラとかいったいなんだったのー!?的な衝動です!そしてトマトがあまーい!イタリアの人は日本の「てっぺんトマト」なんて高いトマトを買わなくても、こんなおいしいトマトにいつもありつけるなんて・・なんて幸せなんでしょう。

○ラザニア系・・・とにかくミートソースほにゃららって英語メニューには書いてありました!
d0062274_14524459.jpg

もう、ここってば本当に日本人受けする味です。とにかくおいしいー!

○食べたものをメモるほど、私、グルメではないので、たぶんポモドーロだったはず!
d0062274_14543387.jpg


まだ食うか!って感じですよね・・・。

○ミートボール!!(本当にそう書いてありましたってば!)
d0062274_14554191.jpg

さっき食べたラザニアとポモドーロをまぜた感じだったので、味はかぶりました。正直。。。
でもその、ミートボールという言葉の響きが懐かしく、頼まずにはいられなかったのです!!形とかは適当に手で握っただけっていう感じなんですけど、お肉自体のジューシーさもトマトソースに負けずでとってもおいしかったです~♪

ウッ・・しまった。食べ過ぎた・・・。デザート?無理無理!!
でも、泊まってるホテルの朝食のコーヒーがいまいちなので、どうしてもカプチーノを飲みたいとエンゲルちゃんがいうので、カプチーノを頼みました。
d0062274_14591063.jpg

なんかかわいいですね~♪でも。ちょっとぬるいぞぅーって感じでした。

気さくに頼めて、かっこつけなくてよいし、なんてたっておいしいし、ここめちゃめちゃおススメです。CREAさん。疑ってごめんね。

てな感じでここから徒歩5分でホテルに戻り、睡眠5時間とれたらラッキーな感じで私達の、「ギュウギュウに充実しまくる旅」は続くのでした・・。
[PR]
by ringoron | 2005-10-05 15:21 | フィレンツェ&パリの旅
もう一度この景色が見たくてフィレンツェまで行ってきました♪
サンドイッチを持って、ミケランジェロ広場へ。
d0062274_14275389.jpg

d0062274_14281527.jpg

d0062274_1428373.jpg


市が全ての家の図面を持っていて、勝手にリフォームとかできないそうです。
でも、そのぐらいしないと、街をまるごと保存するなんてできないですよね。

もしも日本の京都がそのぐらいやってたら・・・とも思いますけど、日本は木造住宅ですし、こういう保存はやはり無理だったでしょうね・・。

前回は卒業旅行シーズンで観光バスだらけでせわしなかったけれど、今回はあまり人もいなくって、の~んびり。
ステキな景色を見ながら食べるランチは、サイコーです♪
d0062274_14572331.jpg

食べかけですみませーん。
スクランブルエッグとハムのサンドイッチです。かなりマイウーです♪パンがおいしいんですよね~♪

パンの油が指について、レンズが曇っちゃいました・・。ミケランジェロ広場です。
d0062274_14584053.jpg

[PR]
by ringoron | 2005-10-03 17:16 | フィレンツェ&パリの旅
まーじーでー、いい加減この「TAX FREE」の話題から開放されたいんですけどーーー!!

ここまできたら、とことん、TAX FREEについてレポートしますわよー!!

先日、グローバル・リファウンド・ジャパンにリファウンドチェックの書類を送りました。

国内で手続きできるものは国内でして、本国まで書類を返さないと手続きできないものは本国へ送り返してもらうようにお願いしました。

イタリアの書類には自分用の控えがついていないので、コピーをとる以外に控えを残す方法はないのですが(これって国民性ですかね?)フランスはさすが、個人の控えがついております。

なので、私は個人用の控えをきりとって、原版のみを送ったのです。

が!

ここで、ある法則を発見することができました。

日本で手続きをしてもらう場合は、その個人用の控えも一緒にリファウンド・ジャパンに送らないといけないようです。

本国まで書類を送り返すエルメスなどは個人用の控えは個人で保管していていいようです。

今回、この個人用控えを先方に送って、初めて、一件落着すると思われます。

今度こそ、一件落着か!?


追伸

この4日後。ちゃーんと振り込まれておりました。
日本は仕事が早いね!さすが!!一部一安心なり。
[PR]
by ringoron | 2005-10-03 13:35 | フィレンツェ&パリの旅