せっかくの楽しかった時間を自分用に記録してます♪きまぐれですけど更新してます。


by ringoron
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

岐阜 : 福地温泉『湯元長座』で源泉ダブンダブン~♪

d0062274_16122980.jpg白骨の翌日は、長年予約がとれなかった“湯元長座”に泊まってきました。
今まで何度も電話したんですがとれた、とにかくいつも満室。そうなると意地になります!!
負けず嫌いなO型なんで・・・。(見えない敵との戦いに燃えるタイプ♪)


d0062274_16141785.jpgネットだと4人以上じゃないととれないし、はるばる岐阜まで電話してもとれないとすっごいむかついて、今回白骨より先に予約してました。実は・・・。

旦那的には「その知らない温泉どこー??」みたいな感じでしたが、やっと到着。

趣ある入り口。
玄関までの雰囲気ある廊下。
こういうの、宿のプロローグっていうんでしょうね。きっと・・・。

d0062274_1620553.jpg豪農を移築してきて、それをどんどん改築していったって感じですね。
宿の中はとーーっても複雑。
“地図をよめない女”の私は大変困りました。“話を聞かない男”の旦那サマは余裕でしたけど。
部屋からお風呂までの道を覚えられたのは翌朝の朝風呂の時でした^^;遅い!!

○家族風呂
d0062274_16223917.jpg建物と雰囲気と、何よりもお湯にひかれてやってまいりました♪
源泉ドボドボーーですよ!すごいです!
まずはお目当ての湯本長座の温泉へ~と思ったら、ちょうど家族風呂があいて、いきなり3つある家族風呂の1つが運よくあき

○家族風呂の露天。(家族露天といえない大きさ)
d0062274_16233570.jpgまずは家族風呂へ。
家族風呂っていっても、随分おおきいです~。内湯も露天も、家族5人で入っても余裕ですよ!
う~ん、いいお湯♪
ということでお部屋で飲料補給。

d0062274_16411488.jpgしばらく休んでから次は20時でしまってしまう、敷地をでて、道路を渡って小道を歩いていくと離れの川沿いの温泉へ。d0062274_16413523.jpg





福地温泉は“もらい湯”といって、宿泊者は好きな宿のお風呂に1軒だけ立ち寄ることができます。浴衣を着て、チケットをもっていけばもらい湯できます。
湯元長座は坂の下だったので、面倒だったのですぐ向かいの九衛門みたいなお湯によりました。
そこは同じエリアなのに、すこ~しだけにごっててお湯の色が違う!!そこも大きな露天風呂で素敵でしたよ!

d0062274_1650719.jpgそしてその後に、やーーと、念願だった自分の宿のお湯にはいりましたよ。
内湯のあふれるお湯っぷりは最高でした!底から湧きだしてくるような迫力ある透明なお湯です。
露天も広くていい感じでした!でも念願だったのに真っ暗で景色見えず・・・(>_<)
翌朝の露天でやっと「あれ、いい感じの露天じゃない!」と気づきました・・。
(露天はとっても広くていい感じですが、写真とれませんでしたー。)
[PR]
by ringoron | 2007-06-07 21:52 | 上高地と白骨&福地温泉の旅